1.17

阪神・淡路大震災から23年目になります。

毎年この日を1年の始まりとして意識しています。

東北や熊本や新潟や北海道など、いろんなところで震災があり、またそれ以外の自然災害も多数発生しています。

それぞれの被災者の方々も日々日常を過ごすなかで、自分自身を見つめ直すきっかけの日として、発生日を大事にされていると思います。

まずは犠牲者の方々のご冥福を祈りつつ、自分の生き方も確認したいと思っています。

合掌。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html

22年目

阪神・淡路大震災発生から今年で22年。

毎年1月1日でもなく、4月1日でもなく、この1月17日を1年の節目にしています。

昨年1年は納得できる日々を過ごせたのか、今年1年は日々大事に過ごせるのか、自分自身に問いかけます。

生かされていることに感謝して、また来年の1月17日を無事に迎えたいと思っています。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html

ナンバープレートの表示義務

e247d03e40.jpg

春の全国交通安全運動期間中ですが、それ以前の4月1日より法律が一部改正されていたのをご存知でしたか?

ナンバープレートの表示方法が明確化されました。

特にバイクにて見られるのが、ナンバーの設置方向と角度です。

ddc4871d.jpg

簡単に言うと
・ナンバーを縦にしての設置はダメ
・ナンバーにカバーやフレームを装着をしてはダメ
・ナンバーを跳ね上げてはダメ
・表示角度は地面垂直に対し-15度から40度以内

と言ったところです。

整備不良として罰則規定もありますので、ライダーのみなさんも今一度、ご自分のマシンのプレートを確認してみてくださいね。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/

3・11

東日本大震災から5年。

多くの方が亡くなり、未だ2500名以上の方々の身元も判明されていません。

避難されている方々や新しい生活を始めている方々も大変な思いをされているかと思います。

「思い出す」という行為で被災された方々の「お手伝い」をすることが可能です。

例えば数秒でできるお手伝い
http://fukko.yahoo.co.jp/?fr=top_evt311_pc
ここ以外でもいろんな形のお手伝いがあるかと思います。

365日のうちの「一日」。

思い出してみませんか?



バイクショップねお

http://www.bikeshop-neo.com/

淡路島に渡る船

marinawaji.jpg

9月23日から原付で淡路島に渡れるようになりました。

2010年11月に「たこフェリー」がなくなり、以降、明石海峡大橋を走行できない125cc以下の二輪車は淡路島に渡航できませんでした。

この度ジェノバライン社により新造船「まりん・あわじ」が運用され、原付二輪車の渡航が可能となりました。

一時間に1~2本の運行で8台まで運搬できます。

これで自走での「原付淡いち(淡路島一周)」が可能になります。

運賃は大人¥500、二輪車¥450の計¥950です。

ちなみにETC利用での自動二輪車の明石海峡大橋の運賃は¥750です。


ジェノバライン社の詳細はこちら
http://www.jenova-line.co.jp/index.php


バイク移動で釣りをされる方も多く、初日はかなり待ち時間があったようですが、これで気軽に淡路島に渡れますよね。




バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html