fc2ブログ

作業報告

top_20211001154341c5a.jpg
2019年 KTM250TPIのメンテナンスです。

まずはピストンの交換です。


燃焼室
燃焼室内

インジェクションで統制されているので、効率よく燃焼されています。


燃焼室清掃
カーボンも拭き取るくらいしか蓄積されていません。

掃除も楽々です。


デバイス
排気デバイスの作動やカーボンの蓄積もほとんどありませんでしたので、ここのメンテナンスはまた次回に。


シリンダ
シリンダー内壁。

反射の加減で線状の跡がみえますが、問題なしです。


ピストン番号
ピストン番号も確認

ノーマルの「1番」です。



新品
新品のピストンセットをセットアップ


ガスケット
装着されていたがベースガスケットの厚みも記録しておきます。


あとは、さくっと組み上げて完成です。



オイルポンプ
次にオイルポンプの交換です。

「分離給油システム」の要であるオイルポンプは消耗品として考えられているため、定期的な交換が指示されています。

メーカーの指定は「80時間」です。

当店の作業で190時間まで交換しないポンプを確認したことがあるので寿命は長いとは思いますが、これが壊れるとクランクが一撃で破壊されて超高額な修理代金となるため、転ばぬ先の杖として定期的な交換をお勧めしています。

ちなみに本体価格は16,000円ほどです。


チェーン
最後に駆動系の交換です。

今回はフロントスプロケットを12Tに変更し、リアは50Tのままですが、軽量化と耐久性を兼ね備えたハイブリットタイプのオレンジをチョイス。

チェーン完成
ドライブチェーンは店主も10年間使用を続けている「EK 3D(スリード)」をチョイス。

殆ど伸びることのない耐久性の高いチェーンなんですが、プレート1枚づつが軽量化されているので、とにかく軽いのが特徴です。

チェーンガイドもオレンジカラーを選択して統一。

「おしゃれは足元から」ですよ。


終わり
こうして作業完了です。


ご依頼ありがとうございました。





バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/


作業報告

IMG_6737.jpg
2016年KTM250EXC のピストン交換です。



IMG_6738.jpg
装着されていたピストン番号を確認。

非常に見にくいのですが、「1」番です。



IMG_6743.jpg
使用済みのシリンダーベースガスケットの厚みも記録



IMG_6741.jpg
排気デバイスの作動もストレスが無く、カーボンも洗浄だけで剥離できました。



IMG_6739.jpg
おNEWピストン装着


IMG_6745.jpg
シリンダ内壁も問題ないので、そのまま使用します。



IMG_6750.jpg
最後にセルスターターの作動不良を解消

ベンディックスギアの戻りが悪く、飛び出たままになっています。

交換して作動状況は良くなったのですが、お客様が装着していた中華製セルモーターの不安定さが残り、完治ならず。

この件はまた後日検証することに。


ご依頼ありがとうございました。




バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/

作業報告

2020年 YAMAHA YZ250Fのフロントフォークのメンテナンスです。

ここしばらくはずっとWPばかりだったので、久しぶりのKAYABA製です。

IMG_6728.jpg
右側


IMG_6732.jpg
左側

IMG_6733.jpg
破損することもあるフリーピストンは今のところ問題なし。


IMG_6730.jpg
今回メンテナンスのついでにソフトスプリングを導入します。


IMG_6731.jpg
メーカーオプション設定より更に低レートの4.4Nのスプリングです。


組み上げて、指定オイルを標準値注入して作業完了です。


ご依頼ありがとうございました。




バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/

作業報告

2013年 KTM 85SXのフロントフォークのメンテナンスです。

IMG_6724.jpg
今回は純正のリペアキットを使用します。

IMG_6725.jpg
右側と

IMG_6726.jpg
左側です。

ともにインナーチューブのサビが少しだけあった以外は概ね状態はよかったので、パーツとオイルの交換で終了です。


ご依頼ありがとうございました。





バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/

作業報告

IMG_6666.jpg
2014年KTM250EXCのピストン交換です。

IMG_E6688.jpg
ピストン番号の確認です。

ノーマルの「1」です。


IMG_6681.jpg
燃焼室内も問題なし

IMG_6679.jpg
排気デバイスの作動もスムーズで、フラップのカーボン蓄積もほとんどなかったので、ここは洗浄作業のみでコストダウン。

ただ、排気ポート側のチャンバー接合部に段付きが現れていたので、次回排気デバイスのオーバーホール時は排気ポートも交換したほうがいいかもしれません。

IMG_6678.jpg
装着されていたベースガスケットの厚みも記録。


IMG_6680.jpg
シリンダー内壁

新品ピストンとシリンダ―を組んでから、撮影していないことに気づいたので、組み込み後の画になります。

筋っぽく見えるのは傷ではないので、再使用には問題ありません。


IMG_6683.jpg
お客様のご要望でクラッチの点検。

新品のセットを用意していましたが、まだ大丈夫そうです。


IMG_6684.jpg
バスケットの段付きは気にならない程度。

もちろん、このまま組み込んで元に戻しました。



サス関係の作業は後日預かりになったので、一旦ご返却です。


ありがとうございました。





バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/