FC2ブログ

修理中

P1030142.jpg

特に珍しい修理ではないので、写真だけです。


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/

ブレーキのキーキー音

P1030048.jpg



ドラムブレーキの宿命か、ブレーキをかけた時に「キー」という音がする場合があります。

音の大きさは様々なんですが、「何とかしてくれ」とよく言われます。

「オイルを塗ると音が止まる」なんていいますが、そんなことをすると、バイクが止まらなくなります(笑)。

実は音自体は問題ありません。

ブレーキが摩擦しているから音がするだけなんで、至って正常なことなんです。

あと、昔はアスベストを使用していたんですが、今は別の素材を使用しているので、使用状況においては音が出やすい方がいます。

平均的に若い男性はあまり音がでません。

女性が多いです。

ブレーキレバーをぎゅっと握ると音が出にくいです。

怖いから、ゆ~くり握ると音が出やすくなります。


音が出るブレーキに対してはブレーキシューの研磨などをして対応していますが、ゆっくりブレーキをかけると、また音が出始めます。

あなたのブレーキ、大丈夫ですか?


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/

納涼会のおしらせ

昨日は夜から仕事が舞い込み、更新できませんでした。

とりあえず、納涼会をします。

8月6日(土)19時くらいから 垂水駅近辺

参加ご希望の方は連絡をください。

一部、0次会(?)から発進される方もいるかもしれませんが、勝手にやっといてください(笑)。

バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/

JEC参戦記 最終回

JEC参戦記も今回が最終回です。

最後のテストがこのフィアナルテストで、今回はデュアルレーンといって、2台で同時にスタートして2周します。

dsc_4422_20110712181050.jpg

途中で陸橋みたいなところを上下に通過するので、交わることなく内側、外側のコースを走れます。

実際、大きなミスが無い限り、このファイナルテストで順位が変わることは殆どないので、最後のお楽しみみたいな気分で走れますが、今回は翌日に実施されるJNCCの参加者が大勢見ていたので結構走る前は緊張してました。

「恥ずかしい走りはできない!」と気合を入れて、いざスタート。


さて、問題です。

いったい何がおきたのでしょうか。

1.緊張のあまりお腹が痛くなり、一呼吸おいた。
2.パルクフェルメに入庫する時に燃料コックをOFFにしたままで、ガス欠した。
3.その他




[広告 ] VPS


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/

JEC参戦記 その4

今週末にはJEC R-2が始まるというのに、R-1の参戦記が途中でした。

前回、一周目のスタートで記事をとめましたが、その続きです。

ここからは個人の成績を中心に時系列で進行します。

map1-jpeg1[1]



一周目、スタートして飛ばすことなく淡々とルートを走ります。
目標は7周全て各30分のオンタイムをキープすることです。

でも、いきなりルート上で渋滞が発生。

今朝まで降った雨のおかげて、路面がニュルニュルです。

DSC_3741.jpg


なんとか渋滞を掻き分けて、前に進んでいきます。

ようやくエンデューロテストの入り口に到着。

でも、前に10数台が並んでスタートを待っています。

30秒ほどづつで1台づつスタートさせていますが、この待っている間も30分の持ち時間が減っていきます。

焦る気持ちを抑えつつ、自分のスタート順がきました。

エンデューロテストはタイム計測をします。

もちろん時間が短いほど順位があがります。

でも1周目だけは、タイム計測はしません。

いわゆる下見のようなカンジで走行します。

でも、これがまた超ニュルニュルで、しかも下りなので、ホントによく滑ります。

自分を抜いていったライダーが次の瞬間に曲がりきれず、木に激突してたりしました。

ついていこうと抜かされたA級の方々を追いかけますが、あっという間に見えなくなります。

DSC_3744.jpg



とにかく、タイムが計測されないので、コケず、壊さずを目標にテストのゴールを目指しますが、ここでも大渋滞が発生してます。

なんとか抜けて、テストのゴール地点を通過。

そのままルートのゴールまで向かいます。



そして、ゴール地点に該当するパドックへ。

ルール上、ゴールというのは存在しないので、スタートして30分後にまたスタート地点に立てばOKです。

僕はこの一周目を25分で帰ってきました。

軽いマシンのメンテナンスを終えて、次のスタート時刻に間に合うように、スタート地点に向かいます。

以下、各周回の個人の結果です。


1周目 オンタイム(30分)・エンデユーロテスト(ET) なし・参加クラスの走行台数 21台/25台中
2周目 オンタイム     ・ET クラス1位・走行台数17台/25台
3週目 オンタイム     ・ET クラス2位・    15台/25台
4週目 オンタイム     ・ET クラス3位・    11台/25台
5週目 タイムオーバー(31分)・ET クラス3位   10台/25台
6周目 タイムオーバー(50分)・ET クラス7位    7台/25台
7週目 タイムオーバー(40分)・ET クラス5位    5台/25台


結局、オンタイム区間では31分のオーバー、エンデューロテストは合計で5位。

トータル3位でゴールしました。

調子がよかったのは4周目までで、6,7週目は諸事情により山の中で埋まっていました。


このあと、再びパルクフェルメと呼ばれる保管場所にマシンを入れて、最終のファイナルテストに備えます。

このファイナルテストは完走扱いとなった5台のみ(僕の参加したクラスで)が走れます。

完走率20%でのファイナル出場なので、きも~ち、誇らしいです(笑)


ところが、そのファイナルテストでやらかしてしまうことを、この時は予想だにしませんでした。


そんなわけで、明日は完結編のファイナルテストです。

恥ずかしい動画も公表してしまいます。


お楽しみに。


バイクショップねお