FC2ブログ

作業報告

TOP
しばらくの間、放置していたお客様のXR400R(NE03)です。

エンジンを始動させようとキックペダルを踏むも、途中から圧縮がなく、スコスコ状態でエンジンに火が入らなかったようで、ご入庫いただきました。

オートデコンプやプラグホールなど外から確認できることでは判断できなかったので、お客様の了解のもと、アケてみました。

リング
結果から言うとセカンドリングが破断していました。

原因はわかりませんが、シリンダ内壁をみても傷がなかったので、今回の始動作業で折れた可能性があります。

ピストン上
それとヘッドを開けたときにびっくり。

燃焼室内に草が入っていました。

もちろん燃えてないので、保存期間中に混入したと思います。



排気側
あと、排気バルブか開放された状態で保管されていたようで、バルブフェースにサビが発生していました。

カーボンもてんこ盛りなんで、リングが折れてなくてもあまり圧縮を感じられなたったのではないでしょうか。



原因が解明されたので、作業を進めていきます。

ピストン


バルブ


へっど

カーボンの除去を中心に擦り合わせなど。


あとはさくっと組み上げて完成。

始動も一発で決まり、快調です。

ご依頼、ありがとうございました。




バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html

湯布院ラリーに参加してきました(後編)

DAY0-20190323-171954.jpg


DAY2 

今日の競技はリエゾン(移動区間)320キロ SS(競技区間)5本計26キロ


IMG_2700.jpg
朝のブリーフィング(競技説明)を終え、8時から前日の成績順にスタートしていきます。



DAY0-20190323-095123.jpg
朝イチのSS4(5キロ)ではスタートして2キロほどのところで、コーナーを曲がった直後、目の前にこちらに向かってくる大型トラックが・・・。

全開走行していたので、避ける自信がありませんでしたが、運よくハンドルがかする程度で回避することができました。

SSは林道の入り口と出口を閉鎖するのですが、今回は林業従事の方との打ち合わせが上手くいかなかったようで、多くのライダーがこのトラックと遭遇し、結果このSS4はキャンセルとなりました。


DAY0-20190322-141128.jpg
SS5(7キロ) 10位/67台


風景
SS6(6.5キロ) 17位/66台

転倒やミスコースで順位が簡単に落ちていくのもラリー競技の特徴ですね。

DAY0-20190323-155620.jpg
SS7(2キロ) 8位/55台
ここは久住山の山頂付近にある広大な広場(?)ですが、ここのSSでは後半にタイムアタックしたライダーが次々とスタックし、ついには救護の都合でルートカットになるなど、かなり混乱した状況になり、順位とタイムに救済措置が取られる結果となってしまいました。


SS8(6.8キロ) 17位/63台
ここ、ミスコースした第1SSの逆走なんですが、同じ地点でまたもミスコースw

学習能力が足りていないことが証明されましたね。



で、DAY2までの総合 13位/66台

10位までのあと3台は加地さん、尾島さん、大内田さんのベテランラリーストが相手なので、差を縮めるのが難しいのですが、あきらめずに最終日を楽しむつもりです。




DAY3

最終日はリエゾン183キロ SS4本計30キロ

この日も前日の総合順位の順でスタート。

渓谷
今日のリエゾンには湯布院名物の「川床」がありました。

とても浅い川なんすが、なんとここは県道だそうで・・・。

コケのおかげでかなりスリッピーなので、慎重に走行して行きます。

DAY3-20190324-121419.jpg
SS9(5キロ) 12位/65台

SS10(11.5キロ) 8位/64台

SS11(10キロ) 13位/63台


風景2
こんな風景にも出会えました。

休憩2
チェックポイントで休憩しながら・・・

野焼き
野焼きの現場にも立ちあえました。



ダート1
そして最後のSS12(4キロ) 19位/57台 

3日間を通して初めて吹っ飛びました。

下りのガレ場の深いワダチに高速でハマり、体だけ前方に投げ出されてしまいました。



結果、3日間の総合順位は12位/64台

目標の10位以内には残念ながら及びませんでした。

IMG_2699.jpg
総合優勝はエンデューロIAの「たいちぇんさん」こと柳原博一選手。

なんと彼のナビゲーションは純正メーターと手動のマップホルダー(!)

作動効率を求めてラリーメーターや電動マップホルダーにお金をかけて使用している僕らって、いったい・・・w

ともあれ、おめでとうございます。




コマ図を見ながら、初見の林道をアクセル全開で走ることに難しさとワクワク感が混在する競技ですが、やっぱり楽しかったですね。

お昼過ぎにビバーク地に戻ってきてゴールなのですが、最終的な結果発表は後日のため、閉会式も表彰式もありません。

片付けてから別府の温泉街に向かう人、ツーリングで続きを楽しむ人、それぞれが自由に最終日の午後を楽しんで帰っていきま
す。

3人
片付け終わって、チームメイトのお客さまとパチリ。




こうして第5回湯布院ラリー3DAYSは終了。

当店のお客様も無事最終日まで完走し、次の繋がる経験を得ることができました。

きっと2020年の春も実施されると思います。

ラリー競技に興味のある方の登竜門的イベントなので、ぜひ参加してみてくださいね。




バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html

湯布院ラリーに参加してきました(前編)

マシン
「ラリーに興味があります」というお客様のご相談を受け、久しぶりにラリー競技にお客様二人と参加してきました。

「第5回 湯布院ラリー3DAYS」

大分県由布市で毎年3月下旬に開催されているイベントです。

SSERさんのイベントにはたまに参加していましたが、コマ図を使用したラリー競技としては2000年に参加したラリーレイドモンゴル以来、19年ぶりになります。

余談になりますが、この後の独立開業と自分への戒めのため、8年間バイクで遊ぶことはありませんでした。

そんな超久しぶりな競技への参加なので、お客様のラリーマシンの作成と自分のマシン作成で直前までバタバタしつつ、当日を迎えることができました。



ゆうゆうかん
会場は大分県由布市にある「庄内ゆうゆう館」

このラリーはビバーク(キャンプ地)を移動することなく、「ゆうゆう館」を拠点として3日間で実施されます。

ゆうゆう館の中
会場では車中泊はもちろん、「ゆうゆう館」での宿泊もでき、室内は暖房や布団完備で、かなり快適に過ごすことができます。

京阪神のエントラントさんの中には神戸や大阪南港からのフェリーで来る自走ライダーもいて、参加スタイルも幅広いイベントでした。



受付
レース前日の夕方から受付・車検が始まります。

装備品チェック
ラリー競技独特の装備品の確認やマシンの検査をうけます。

車検
全てが終わればマシンをパルクフェルメへ格納します。

パルク
このあたりはJECと同じスタイルですね。

マップチェック
受け取ったコマ図にマーカーやペンを使用して情報を書き込んでいき、マップホルダーにセットして「DAY0」は終了します。




翌朝「DAY1」の始まりです。

今日のリエゾン(移動区間)は244キロ。

内、タイム計測をするSS(競技区間)は3本で計18キロで競われます。



スタート (2)
DAY1はゼッケン順にスタートします。

スタートしてからコマ図を見ながら走行して行きますが、ラリーメーターとコマ図の距離が微妙にずれていて、数コマで大きな誤差になり始めました。

IMG_2733.jpg
ラリーメーターはフロントホイールの外周長をセットするのですが、19年ぶりにひっぱりだしてきたICO(ラリーメーター)の設定がどうもズレているようです。

説明書も置いてきたので、修正できずに走行していましたが、スタートから20キロ先の第1SSまで何度もミスコースし、不安感いっぱいで第1SSのスタート地点に到着ですw


DAY0-20190322-095144.jpg
1分間隔で1台づつスタートします。

第1SSは6.8キロ。

スタートしてコマ図とメーターみながら順調に進んで行きますが、やはり段々数値がずれていきます。

5キロほど走行し、ゴール直前のコマ図の距離を読み間違えて、逆方向に走行してしまいミスコース。

途中で気が付き、戻りましたがトップと4分ほどの差が出てしまい、1日目の第1SSで大きく順位を落としてしまい、かなりへこんでテンションはダダ下がりですw

SS1(6.8キロ) 36位/71台



ラリーメーターの誤差を修正しながら次のSSへ。

SS2(4キロ) 5位/70台
SS3(7キロ) 10位/67台


結局、DAY1の成績はSS1のロスが響き、25位/70台で終え、10位以内の目標達成は遠のいていくのでありましたw


つづく

中古車情報

CA41AW1.jpg
スズキ レッツ4

年式:2007年

走行:4,385キロ

カラー:白

機関:空冷4ストローク50cc単気筒エンジン・フューエルインジェクション仕様。




静かで燃費の良いエンジンは初めてスクーターに乗る方に最適です。

シャッターロック(盗難防止装置)装備でイタズラからも守れます。

クラス最軽量の車体は女性や体力に自信のない方におススメです。

駅までの通勤や通学・お買い物にいかがですか?

6か月の保証付きです。



車両本体税込価格 74,520円







バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html

4月のお休み

4月のお休みです

 7日(日)
13日(土) 小豆島DS
14日(日) 小豆島DS
17日(水) 臨時休業
21日(日)
28日(日)



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html