セロー250のチューブホイール化

セロー250のリアホイールはチューブレス仕様になっていますが、タイヤのチョイスが少ないので、敢えてチューブ仕様に戻すことにより、タイヤの選択が増します。

その際、ビードストッパー取り付けは必須なので、穴あけ加工の必要があります。

今回はその作業です。

ポンチ
サインペンで切削するラインを引き、ポンチでマーク。

ドリル
ポンチ箇所をドリルで穴開け

カット
プライヤーで抓んでひっぺがします

穴明け
最後は面研と8㎜の穴開けで完成です。

ご依頼、ありがとうございました。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する