作業報告

1_20170912141413519.jpg

ちょっと前の作業なんですが、2009年KTM250EXC-Fの始動不良の件です。

「たまにセルの回りがひっかかるようになって始動不良を起こす」といった症状です。

バッテリー電圧、リレー、スイッチ、セルモーター本体、デコンプカムなど、セオリー通りに診ていきますが、今ひとつ良くなりません。

色々迷走してたどり着いたのが「フリーホイール」と呼ばれるローラーベアリングです。


2_201709121414489f8.jpg
見てのとおりフライホイール部に組み込まれていて、セルモーターからの駆動回転以上になると空転する仕組みです。


2 - コピー
よく見てみると全てのローラーに当たり面が出ていて、恐らく微妙なクリアランスが発生してクランキングをしたり、しなかったりだったようです。

原因は解明できたので、後日オーナー様ご本人の作業で復旧されたようです。

なかなか時間がかかって前に進みにくい作業でしたが、解決できてすっきりしました。

ありがとうございました。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する