FC2ブログ

湯布院ラリーに参加してきました(前編)

マシン
「ラリーに興味があります」というお客様のご相談を受け、久しぶりにラリー競技にお客様二人と参加してきました。

「第5回 湯布院ラリー3DAYS」

大分県由布市で毎年3月下旬に開催されているイベントです。

SSERさんのイベントにはたまに参加していましたが、コマ図を使用したラリー競技としては2000年に参加したラリーレイドモンゴル以来、19年ぶりになります。

余談になりますが、この後の独立開業と自分への戒めのため、8年間バイクで遊ぶことはありませんでした。

そんな超久しぶりな競技への参加なので、お客様のラリーマシンの作成と自分のマシン作成で直前までバタバタしつつ、当日を迎えることができました。



ゆうゆうかん
会場は大分県由布市にある「庄内ゆうゆう館」

このラリーはビバーク(キャンプ地)を移動することなく、「ゆうゆう館」を拠点として3日間で実施されます。

ゆうゆう館の中
会場では車中泊はもちろん、「ゆうゆう館」での宿泊もでき、室内は暖房や布団完備で、かなり快適に過ごすことができます。

京阪神のエントラントさんの中には神戸や大阪南港からのフェリーで来る自走ライダーもいて、参加スタイルも幅広いイベントでした。



受付
レース前日の夕方から受付・車検が始まります。

装備品チェック
ラリー競技独特の装備品の確認やマシンの検査をうけます。

車検
全てが終わればマシンをパルクフェルメへ格納します。

パルク
このあたりはJECと同じスタイルですね。

マップチェック
受け取ったコマ図にマーカーやペンを使用して情報を書き込んでいき、マップホルダーにセットして「DAY0」は終了します。




翌朝「DAY1」の始まりです。

今日のリエゾン(移動区間)は244キロ。

内、タイム計測をするSS(競技区間)は3本で計18キロで競われます。



スタート (2)
DAY1はゼッケン順にスタートします。

スタートしてからコマ図を見ながら走行して行きますが、ラリーメーターとコマ図の距離が微妙にずれていて、数コマで大きな誤差になり始めました。

IMG_2733.jpg
ラリーメーターはフロントホイールの外周長をセットするのですが、19年ぶりにひっぱりだしてきたICO(ラリーメーター)の設定がどうもズレているようです。

説明書も置いてきたので、修正できずに走行していましたが、スタートから20キロ先の第1SSまで何度もミスコースし、不安感いっぱいで第1SSのスタート地点に到着ですw


DAY0-20190322-095144.jpg
1分間隔で1台づつスタートします。

第1SSは6.8キロ。

スタートしてコマ図とメーターみながら順調に進んで行きますが、やはり段々数値がずれていきます。

5キロほど走行し、ゴール直前のコマ図の距離を読み間違えて、逆方向に走行してしまいミスコース。

途中で気が付き、戻りましたがトップと4分ほどの差が出てしまい、1日目の第1SSで大きく順位を落としてしまい、かなりへこんでテンションはダダ下がりですw

SS1(6.8キロ) 36位/71台



ラリーメーターの誤差を修正しながら次のSSへ。

SS2(4キロ) 5位/70台
SS3(7キロ) 10位/67台


結局、DAY1の成績はSS1のロスが響き、25位/70台で終え、10位以内の目標達成は遠のいていくのでありましたw


つづく
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する