FC2ブログ

三宅島エンデューロに行ってきました

コンテナ内部
「WE RIDE 三宅島(三宅島エンデューロ)」に行ってきました。

今年で10回目を迎えるこのイベントは、西暦2000年に噴火し5年近く全島避難を強いられた同島の復興イベントとして東京都の後援のもと、島民のみなさんや運営スタッフによって継続開催されています。

以前、参加したエントラントの方が「とても楽しいイベントですよ」とおっしゃっていたので、今年はスケジュールを調整して出場することにしました。



DAY0(木曜深夜)

集合写真
今回「チーム関西」としてオフィスアクション主宰の「大まおー」を筆頭に総勢11名のライダーとそのご家族でイベントに参加します。

受付は金曜昼に東京の辰巳埠頭で始まるため、木曜の仕事終わりから移動を始めます。

出発
僕は東大阪市の「モーターサイクルショップ ニュートン」の高橋店長と乗り合いで移動します。

運転と仮眠を交互で取りつつ、夜通し東京へ向かいます。




DAY1(金曜日)

イベントは東京の辰巳埠頭で12時からスタートです。

受付
まずは受付を済ませて


車検
車検です


コンテナ
車検が終わると5台づつマシンをコンテナに格納させます。

22時のフェリー出発まで時間がたっぷりあるので、お上りさんよろしく東京観光に出かけます。


雷門
向かった先は浅草・浅草寺。

金曜昼ですが、観光客でごったがえしてます。


飲み屋
お参りのあと、裏路地に入って本日のメインイベント。


ホッピー
初ホッピーです。

「中」と「外」の説明を受けて、自分の好みに調合するのが楽しいです。


神谷バー
そして「浅草1丁目1番地1号」


電気ブラン
ここの目的はもちろん「電気ブラン」

ショットで頂きましたが、これはやばいw

上機嫌のままもう2軒まわってからフェリー乗り場に向かいます。

前夜の夜通し運転の寝不足とホッピー・電気ブランのちゃんぽんで、フェリー乗船後、秒で眠りにつきました。




DAY2(土曜日)

船
夜明け前に三宅島に接岸。

前もって分けられた宿泊先にバスで向かいます。

今回は「つくば」というお宿にお世話になりました。

他のエントラントも宿泊しているのか思いきや、「チーム関西」貸し切り状態です。

2年前の出場時が騒々しすぎて隔離されてしまったとか違うとか・・・。

宿に到着後、2時間ほど時間があるので仮眠を取って、すっきりしてからウエアに着替えて、迎えのバスに乗車して第1パドックに向かいます。


現地
この第1パドックでコンテナに積めたマシンと再会します。

その後、すぐに第2パドックであるスタート地点に向かいます。

この日、日本全国で快晴だったのですが、ここ三宅島だけは違いました。

コース2
明け方からの曇り空が徐々に雨雲にかわり、第2パドックに移動する頃には激しい風雨になりました。

開会式
到着後、開会式があるのですが、とにかく風雨がひどくてみんなでテントに避難。


そしてレースは予定時刻通りにスタートしました。

コース
1周6キロ・2時間30分のレースは溶岩と火山灰の中を走ります。

個人的には溶岩の変なグリップの良さに翻弄されました。

「石は滑るもの」と思って乗り上げたタイヤが滑らないでグリップするので、思いがけない進み方をします。

30分もすれば慣れてきましたが、本土では経験しなかった状況に少し驚きました。

レースは雨の影響で段々ワダチが深くなりはじめ、トレール車はアンダーやステップがひっかかりはじめて、そこら中で埋没する状況でしたが、無事最後まで完走できました。

ゴール後、寒さに震えてずぶ濡れのままお弁当をいただきましたが、温かいエビ汁がとにかくおいしかったです。


使用後
あまりの寒さに定番(?)のゴミ袋ベストを着用して走っていたくらいですw


撤収
昼食後に再び第1パドックに移動し、再びコンテナに車両を預けます。

ここで私服に着替えて、バスでレセプション会場に向かいます。


軽食を取りながらの表彰式です。

辻谷さん
「チーム関西」からはオープンクラスの辻谷さんがクラス3位(総合14位)で入賞しました。


えりちゃん表彰
そして今回新設されたレディースクラス表彰には当チームのえりちゃんが優勝!


えりちゃん
現ナマ賞金ゲットに笑いが止まりませんw

賞品
そしてなんといっても今回出場ライダー全員の目的はこの景品

「ヤマハ YZ125X」が1名に当たる!

みんな自分が当選する気マンマンでしたが、チーム関西は全員予選落ちというリザルトを残して去りゆきます・・・



リザルト
僕個人の成績は総合21位(全130台)でフィニッシュ。

賞典外の招待選手を除けば18位なので、目標の20位以内は達成です。


その後、お宿に戻り本当の宴会のスタートです。

夜遅くまで、みんなと楽しくすごしました。



DAY3(日曜日)

ジオツアー2
最終日は朝から「ジオツアー」に参加しました。


ジオツアー
西暦2000年やそれ以前に噴火した島の状況を観光資源として活用しているツアーで、自然の偉大さとそれと共に生きる人間の営みをしっかり感じ取ることができました。


黒山選手
フェリー出発前にはMFJのイベントとして、モトクロス国際A級の小島庸平選手とトライアルスーパーA級の黒山健一選手がデモ走行をしていて、島のみなさんにモーターサイクルのポテンシャルを披露していました。


そして全てのイベントが終わり、出航です。


離島
昭和な雰囲気のテープ投げですが、お見送りにきていただいた宿のおかみさんや島の運営スタッフのみなさんとの別れを惜しみつつ、島を後にしました。


21時には東京湾に着岸。

一旦トランポを取りに行ってから再び辰巳埠頭でコンテナから降ろされたマシンを受け取って積載。

「帰るまでがエンデューロ」の通り、これからまた夜通し走って関西に戻ります。

交代しながら仮眠を取り、ノンストップで大阪へ。

着いたら明け方でしたw



DAY4(月曜日)

高橋店長を下したあと、そのまま神戸の店に向かいます。

到着したらすぐに開店・営業。

僕のエンデューロはDAY4の22時まで続くのでありました。

おしまい。





バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する