FC2ブログ

作業報告

TOP
2014年 KTM200EXCのメンテナンスです。

2代目オーナー様によるご依頼ですが、初代オーナー様の時にも整備をしていなかったので、じっくり見てみました。


燃焼室
燃焼室内です。

カーボンはそれなりに蓄積されています。


ピストン
清掃して記録。

「№1」のピストンです。


フランジ
排気ポートフランジ部も交換しました。

チャンバーが右へ左へと押されまくった結果、だんだんチャンバー開口部が擦れて、クリアランスが発生し、Oリングを交換しても排気漏れが止まりませんでした。

シリンダーASSYではなく、このフランジの交換だけで対応できるので、消耗品として考えられているのかもしれません。



フォーク左
フロントフォーク左側のオーバーホール

フォーク右
右側も。


ステム
ステムもグリスアップします。


レース
レースも段付きがないので、このままベアリングと共に使用します。






ピポッド
スイングアームピポッド部のグリスアップ。

次回はベアリングの打ち換え必須です。


リアサス
リアサスのオーバーホールは外注です。

ついでにジョイントベアリングを交換


pdf
ヘイムジョイントベアリングも打ち換えます。


あとは車体部の損傷したパーツ類の交換をして完成。


作業後に試乗しましたが、サスや煽動部がスムーズに動き出したので、操作しやすくなりましたね。


1年に1回、オフシーズンに入るこの時期にまた定期的なメンテナンスをしてあげてください。


ありがとうございました。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/index.html
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する