FC2ブログ

パーツクリーナー

P1030198.jpg

バイクや車の整備でよく使用されのが、パーツクリーナー

価格や容量などいろんな種類があります。

ホームセンターなんかの特売だと¥298くらいで販売されています。


パーツクリーナーは大きく分けて2つの仕事をします。

・溶解

・排出

安いパーツクリーナーは液剤に溶解する成分の配合が少なく、ジェット噴射の勢いだけで汚れを落とそうとするので、汚れが落ちるまで時間がかかり、結果ムダに液剤を使用します。

汚れ落ちのいい液剤のクリーナーは少量で洗浄できるので、経済的です。


あと、速乾と中乾の使い分けとしては、一般のオイル汚れは中乾を使用し、流すように吹きかけます。

速乾はオイルシール廻りなど、耐攻撃性の弱い部位に使用し、そのパーツの保護に役立てます。

高い(?)パーツクリーナーには意味があるんです。


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する