FC2ブログ

スクーターのリアブレーキ

P1030212.jpg

原付スクーターなどのドラムシュー式のブレーキで、ブレーキレバーを握ったあと、元に戻らなくなってブレーキが効きっぱなしになる症状があります。

レバーのピポット部の作動不良や、作動させるワイヤーの錆び付きなども原因に挙げられますが、大半は写真下部のブレーキカムのグリス(油)切れです。

長年使用することによって、封入されているグリスが流れ出し、動かなくなります。


分解清掃したあと、防水系のグリスを再封入することにより、快適に使用できます。

もちろん、ワイヤへの注油やレバーピポット部の作動確認も同時にして、修理完了です。


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する