FC2ブログ

作業報告

2015年KTM250EXC。

昨年、ご一緒したときにエンジンからの異音を相談されていたました。

エンジンを始動して聞き耳を立てていると、右側から異音が聞こえてきます。

エンジン回転数に比例して音が変化するので、ベアリングかシャフト系の異常っぽいです。

クラッチ外し
ミッションかクランクかを確かめてみたかったので、クラッチバスケットを外して少しだけエンジン始動。

音の質に変化がなかったので、ミッション内ではなく、おそらくクランクベアリングの摩耗と判断。


エンジンおろし
早速エンジンを下して、開いていきます。


全開
結果は診断通り、クランク右側のベアリングの摩耗でした。

走行距離が浅いので、少し気になり、念のため内燃機屋さんにてクランクの計測をしていただくも、「振り」はまったく無かったので、クランクはこのまま再使用することにしました。

ケース温め
ケースを温める特殊工具を入手しました。

もちろん、お肉も焼けますw


冷えたクランク
冷凍庫でキンキンに冷やしたクランクに左側のレースを圧入してから、

冷えたベアリング
残りのベアリング類も冷やして圧入です。

クランクベアリングとミッション室内のベアリングは全て交換です。


組み上げ
ミッションを入れて、ケースを閉じます。

※画像は開けたときのものです。

作業に集中していたので、一気に閉じてしまい、画像を撮り忘れていたので、代用してますw


組み上2
エンジンをフレームに乗せて組付けていきます。

WP
ウォーターポンプも交換しておきました。


残りのパーツを全て取り付けで作業完了です。


ありがとうございました。






バイクショップねお
https://bikeshop-neo.com/




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する