FC2ブログ

サーモスタッド

P1030298.jpg

HONDA スマートディオのサーモスタッドです(真ん中の弾丸みたいのヤツです)

エンジン始動時は冷却水も冷えていて、ラジエータへ循環させると、エンジンが温まりにくいため、ある程度冷却水が温まるまで、これ(サーモスタッド)で栓をしてエンジンを早く暖める、という構造です。

もちろん冷却水がある程度温まると、栓が開放されてラジエータで確実に冷やされ、またエンジンのウォータージャケットに戻ります。

今回はこのサーモスタッドが高温になっても開放されなかったので、すぐに冷却水温度が上昇しスピードメータパネル内のエンジン警告灯が点灯してしまうという症状でした。

このスマートディオやスクーピー、ズーマーのシリーズはエンジン警告灯が点灯した場合、エンジン回転数が自動的に制御され、スピードが出なくなったり止まったりします。

大体はこのサーモスタッドの作動不良や、センサーの誤作動なのですが、このホンダ水冷4ストスクーターはもうひとつだけ気をつけなけばならないところがあります。

実は今回この箇所も原因であることが判明し、数時間悩んだあげくいい勉強をさせていただきました。

スマートディオも製造されてから10年経過しているので、これからいろんな症状がでてくるんでしょうね。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する