FC2ブログ

スマートディオのウォーターポンプ

P1030353.jpg


以前、冷却系統が上手く作動せずに悩んだ50㏄ホンダ水冷エンジン。

ひとつはサーモスタッドの作動不良だったのですが、もうひとつがこれ。



真ん中の黒いのがポンプ(プロペラ)。



通常、ウォーターポンプ(プロペラ)はクランク等のギアを介して作動する仕組みなのですが、このペラはなんと磁石の力で作動します。

右の黒いカバーがエンジンオイル側と冷却水側のシールを兼ねているのですが、このカバーの外側にマグネットのフライホイールが組み込まれ、その磁力でカバー内の磁石内臓のペラが回転する、という仕組みです。

マグネットフライホイールはカムシャフトに直付けになっています。

今回はこのペラ内の磁石がなんらかの理由で回転を妨げていたようで、交換後、驚くくらい循環能力が回復しました。



他のバイクにはない仕組みなので、ちょっと悩みました。


バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する