FC2ブログ

ひさしぶりにドはまりしました(T_T)

P1040535.jpg

先日、圧縮不良で入庫したHONDAトゥディ(AF67)。

圧縮抜けは解決したのですが、それでもエンジンが始動しません。

そういえばお客さまは「走行中に止まった」と言っていたのを思い出しました。

圧縮不良でエンジンストールする場合は大抵信号待ち手前でアクセルオフの状況で発生することが多く、アクセル開度が
ある状況では停止することは殆どないので、圧縮不良を見つけたのは偶然で、エンジンがストールした原因は他にあるハズ・・・。

ということで、ひとつづつ要因を潰していきます。


基本的な「吸気・圧縮・爆発・排気」です。

実は
・エアクリーナーの確認
・マフラーや排気ポートのつまり
・点火プラグ
・インジェクターの吐出量チェック
・インジェクターのソレノイドバルブの作動チェック
・スロットルセンサーのリセット
・燃料ポンプのチェック
・燃料の入れ替え
・インジェクタースロットルボディのチェック
・CDIのチェック
・ハーネスカプラーのチェック
・圧縮比やオイル量のチェック
・カムスプロケットのタイミングチェック

ここまでやって、反応なし・・・。

ドツボに嵌りました・・・・。

いろんな仕事の合間に見ているんですが、ここまで3日かかっています・・・。

過去の経験からすると、こういう場合って本当にしょーもないことが原因のことが多いのです(バイク屋さんあるあるです・笑)

3日目の朝、たまたま店に用品を買いに来た「オレンジ色のマシンに乗っているが緑色のマシンを生産しているメーカー勤務」のお客さまが、ポロっと「イグニッションコイル、見ました?」と聞いてきたので、「もちろん、点火プラグはバチバチ火花が飛んでるし・・・」


・・・・・待てよ?

点火タイミングは見てないな・・・。

今のバイクは全てCDI点火なので、チェックすることすら頭にありませんでした。

持っていた中古のコイルに替えて、セル始動・・・

「キュル・・ブルン・ブルン・・・・」

かかりました(嬉)。

また思い込みで作業してしまいました・・・。

タイミングライトを使用してチェックするもズレはありません。

なんでだろ・・・?

とりあえず原因究明はまた時間のあるときにでもして、お客さまへの返却が先なので、組み上げ作業を急ぎます。

8時間程度かけた時間も、コイル交換は20分程度の請求です・・・・(涙)。

ですが、これで気持ちよく寝れます(笑)

久しぶりにドハマリしました。





バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント

No title

エンジンかかって良かったです。
電気系っていろいろと面倒なんですよね…。
いい勉強させてもらいました。

おかげさまで帰宅後のビールがおいしかったですよ(笑)

Re: No title

Hくん
ありがとう。こちらこそいい勉強させていただきました(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する