FC2ブログ

SUGO2DAYSエンデューロに行ってきました(前編)


1_2014120511175033a.jpg

SUGO2DAYSエンデューロに行ってきました。

全日本エンデューロ選手権の5、6戦目にあたり、最終戦になります。



レース前日

今回も日高と同様に「チーム関西」として、みなさまにお世話になりました。

ブルゾン

お揃いのブルゾンは清水ネームさまのご提供で、日高戦のチームTシャツに引き続き、とても素敵なウエアをいただきました。

清水ネームさま、ありがとうございます。

長屋

金曜日午前に現地入りし、みんなで長屋(ピット)を設営。

準備が整った後でテスト区間の下見に出かけます。

下見

みんなで「このラインはイケる」とか「こっちのラインが速い」とか言いながら、ゆっくり時間をかけて歩いてまわります。

夕暮れになり、今回の定宿になる谷山温泉にチェックインした後、チーム関西のみなさんと一緒に仙台市内へ移動し、仙台名物の牛タンを堪能して明日への鋭気を養ってレース前日を過ごしました。



レース当日DAY1

「エンデューロは朝5時から」はもう合言葉になりました。

速やかに朝食を取ったあと、レース会場に移動しブリーフィングまでに準備を整えます。

受付・車検を終え、着替えて工具や備品のチェックをしていきます。

レースは9時30分スタート。

国際A級から順番に3台1組でスタートします。

スタート

そして国際B級のスタート。

SUGO2DAYSは1周26キロの中に3ヶ所のテスト区間があります。
コース図


エンデューロテスト(3.6キロ)
EDテスト

スタートから数キロ移動区間を走破した後に最初にあるテストで、ウッズの中に林道や沢などがあり、個人的に自身のタイム差が大きいところでした。

バラエティに富んだレイアウトは何周走っても思うように走れず、走れば走るほど自分の苦手なセクションが明確になってきます(笑)


エクストリームテスト(0.8キロ)
EXテスト

テスト距離は短いのですが、タイヤやヒューム管、丸太などがあり、確実に通過する技術が必要になります。
タイヤ

ここはひとコケするとタイムがかなり落ちるのですが、慎重かつ的確に攻めた走りでみんさんタイムを削っていきます。


クロステスト(2.6キロ)
クロステスト

砂利を敷設してある複数の駐車場や小規模なモトクロスコースをつなげたレイアウトでとにかくアクセル開け開けで攻めていきます。(なんでカメラ目線?)


このクロステストを終えると移動区間を通過してピットに戻ってきます。

1周の距離が長いため、不要なトラブルを避ける目的で毎周回マシンをチェックして次周に備えます。
ピット

コケた車輌のダメージの修復、異変の出たパーツの交換、ライダーのサプリメント補給など、限られた時間の中で素早くこなしてまたスタートラインに立ちます。

こうしてIA、IBクラスは5周、ナショナルクラスは4周を走ってDAY1は終了。

パルク

マシンをパルクフェルメに格納し、片付けて定宿に戻ります。


後編に続きます。



バイクショップねお
http://www.bikeshop-neo.com/
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する